さらに強力になって新登場!Entertainment 4D Ver.2.2 リリース!

ドラッグモードの追随方法切り替え機能やサーチ中のシーン検出などを追加。
形状変形に伴い、追尾するエリアも形状に合わせてより正確に追尾。
また、追尾する場所を任意で変更が可能となり、自由が更に向上。
その他にも数十箇所の見直し等により、作業時間の短縮に加え最高級のクオリティを実現します。

ドラッグモードのカーソル追随方法切り替え

drag.jpg


これまでドラッグモードではマスクの移動をマウスの
左ボタンドラッグでしておりましたが、
Ver.2.2よりドラッグモード中にマスク上でダブルクリック
するとドラッグなしでカーソルを追随する機能を追加。
ドラッグモードでのサーチが使いやすくなりました。
自動モード中は、マウス左ボタンを押しながら
JOGをまわすと根元を基点に回転、マウス右ボタンを
押しながらJOGをまわすと中心を基点に回転します。

環境設定にフィルタ設定のプリセット機能を追加

priset.jpg


ファイルによって異なるのフィルタ設定を使う場合に、
頻繁に使う設定をプリセットとして保存しておくことが
できるようになりました。

サーチ中にシーンの切り替わりを検出

サーチモード中にシーンの切り変わりを検出して自動で停止するようになりました。
環境設定のサーチ設定から「シーン検出で再生停止」にチェックを入れることで
サーチ中にシーンが切り替わりマスクがどこかにいってしまうことを回避できます。
これによりわざわざシーンの切り変わりまで戻る手間が省けるようになります

この他新機能多数

上記のほか
○環境設定のフィルタ設定に幅で自動サイズの係数設定項目を追加
○ボディソニック信号に「変換」機能の追加
○その他環境設定等細かな要望点追加
他にも細かなバグ修正や操作性の向上により、操作性と精度を向上させました。

PV STUDIO
ENTERTEINMENT 4D




3D対応VCST Solution




VCST Solution




User Support